[実体験]英語を学べば人生の視野がかなり広がります

ユスのアイコン画像ユス

こんにちはユスです!

ボブのアイコン画像ボブ

エェェェー!ボク、ボブ。

皆さんは普段会話する時は何語で話していますか?
恐らくこの記事をご覧になっている皆さんは日本語が第一言語の方がほとんどだと思います。

言葉というのは人間がこの世の中の人達とつながるためにある、親からの贈り物です。

そんな言葉は年々数が減少しているのですが、今現在世界中になんと7000個もあるといわれています。
そのうちの23か国語は地球上の半分以上の人たちが話しているとされています。

この膨大な数の言葉が存在するこの世界で、なぜ英語を学べば人生の視野が広がるのか。
今回はこのテーマについてカナダに最近移住してきた僕目線で話していきます。

ショートカット

世界の言語ランキング

その前に世界の言語ランキングをご覧ください。(母国語)

[世界の言語ランキング(母国語)]

1.中国語(13億7000万人)
2.英語(5億3000万人)
3.ヒンディー語(4億2000万人)
4.スペイン語(4億2000万人)
5.アラビア語(2億3000万人)
6.ベンガル語(2億2000万人)
7.ポルトガル語(2億1500万人)
8.ロシア語(1億8000万人)
9.日本語(1億2700万人)
10.フランス語(1億2300万)

ランキングを見てみると中国語が圧倒的ですね。
ここで鋭い人だったら「じゃあ、中国語学んだほうが需要高くね?」と思うでしょう。
確かに中国はビジネスにおいてもそのうちアメリカを抜くとされているので中国語を学ぶ需要は非常に高いです。

さっきのランキングをもう一度ご覧ください。
よーく見てみると、(母国語)と書いてあるはずです。
つまりさっきのランキングは母国語として話す人であって、第二言語以降だと英語を話す人はなんと15億人を超えます。

更に英語を公用語・準公用語としている国の総人口は21億人です。
中国語はおよそ10億。
英語が圧倒的に勝っていることが分かりますね。

ボブのアイコン画像ボブ

ちなみにボブはエー語をはなすヨ!
英語じゃないヨ

英語か中国語か

先ほど英語は第二言語以降として習っている人も含めると15億人もの人が話していると書きました。
しかしその前にも中国はビジネスでアメリカをそのうち抜くとされているとも書きました。

「じゃあどっちを選べばいいの?」と思うかもしれません。

結論

英語を学べ

英語と中国語の決定的な違いは、「広がっているか、広がっていないか」です。

どういうことかというと、英語は世界共通語で北アメリカ・アフリカ・ヨーロッパを中心に使われているのに対して、中国語は全体の割合でいうと国内がほとんど占めるからです。

つまり結論は、「中国でビジネスの道に進む人以外は英語でOK」となります。

次は世界中のほとんどで通じる英語を学ぶメリットとはなんなのかについて紹介していきます。

英語を学ぶメリット

1. 人とのつながりが増える

話す人が世界一多い英語を学ぶと人とのつながりが増えます。
最近はSNSで出会うことが多くなってきますが、英語を学ぶことによって新しい出会いがあるかもしれません。

他にも国内で外国人と交流してつながることもできるかもしれません。

実際に僕も英語を本格的に勉強したら海外へ行ったとき友達を作ることができました。

2. ネットの情報量がハンパない

皆さんは英語の情報量が日本語に比べてどれくらいあるのかご存じですか?
2倍・3倍?いえ、実は英語の情報量は日本語に比べてなんと10倍以上もあるといわれています。

つまり日本語で調べるよりも英語だと更に深く調べることができます!

ユスのアイコン画像ユス

自分はまずは日本語で調べて、それでもなかったら英語で調べてる。
最初から英語で調べろよ!って言われそうだけどね(笑)

3. 海外旅行が充実する

海外旅行先のほとんどは英語が話せるスタッフがいるので、その国の言葉が全く分からなくても英語が分かると物事がとてもスムーズに動きます。

たとえば旅行先で犯罪などのトラブルにあったとしましょう。
英語が分かってないと警察に事情を話すのが難しく、悔しい思いをするかもしれません。
しかし、英語が分かっているとスムーズに対応してもらえる可能性が高いので、英語を学ぶことは海外旅行をスムーズ・充実させることができます。

4. 毎日が新鮮

英語が分かってくるようになるとその英語を試そうと、洋画を観たり外国人と積極的に話そうという気持ちになってきます。
そしてどの言葉でもそうですが今までにはないことをたくさん体験することができます。

他にも英語の本を読んだり、洋楽の意味に注目して聴いてみたりと今までしたことがないことが自然に増えていくので毎日を新鮮な気持ちで送ることができます。

5. 聴き上手になる

英語を学ぶと英語を話す人のことを「もっと学ぼう」と注意深く聞くようになります。

その結果、注意深く聞くことが増えてくるので日本語であっても相手の言うことを注意深く聞くようになっていきます。
いわば「聴き上手」になりますね。

日頃から聴き上手だと物事の本質を見抜く力やとらえる力が育ち、積極的に話すようになるので相手も気持ちよいですし、こっちの理解力も育っていきます。

皆さんも「話し上手は、聴き上手」を目指してください!

6. コミュニケーション能力が向上する

英語を流暢に話す人はとってもかっこいいですよねー。
なぜあんなにハキハキ話せるのか?

それは英語を学んだからです。

個人差はありますが、英語を学んで日常で使ったりすると自信がだんだんついてきます。
その結果、コミュニケーションをとろうと言う気持ちになっていき、コミュニケーション能力がだんだん向上していきます。

ボブのアイコン画像ボブ

ボブもカッコイイ?

7. 海外へ行くという選択肢が増える

英語を理解していると海外の大学へ学びに行くことや海外の企業で働くなどといった選択肢が増えます。
日本だけでなく海外へ行くという選択肢が増えることは自分の将来の選択肢が増えることでもあります。

自分の夢を掴みたいという人は英語を学びましょう。

8. 価値観を更新し続けられる

海外へ行くと新しい景色、人、文化など常に新しいことばかりです。
すべて目新しいので自分の価値観のせまさに気づかされます。

世界中に78億人いるとすれば、78億人同じ考えを持っている人は絶対にいません。

英語が分かって他の国のことを知ることは自分の価値観を常にアップデートすることができるので結果的に人生の視野が広くなります

最後に

今回は以上です。

僕が一番伝えたいのは8番目の「価値観を更新し続けられる」ということです。
世の中には残念ながら自分の価値感がすべてで他の人の言うことに耳を傾けない人もいます。
そんな人はたいてい自分の価値観だけに縛られるので新しいことを学ぼうとはせず、そのまま人生を終えてしまいます。

英語を学ぶことはいい企業へ入社したり、大切なスキルになったりとメリットがたくさんあります。
でも僕は英語を学ぶ上での一番のメリットは「人と繋がりをもてること」だと思います。

人とつながることによってあなたは今以上に成長することができます。

ユスのアイコン画像ユス

ご覧いただきありがとうございました。
ツイッターとインスタのフォローお待ちしております!

ボブのアイコン画像ボブ

マタね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • おお!EIEI。
    EIEIは勉強が得意だから絶対伸びる気がするー。
    ますは楽しんでコミュニケーションをとることを意識してみたらいいと思う!

    エーェェェ。ガンバってネ。 ボブより。

  • ネットの情報量がハンパない←激しく共感www
    Nintendo Switchとかのリークとかは、だいたい英語。

  • すごくいい記事ですね!
    僕自身、英語の授業は好きなのですが、テストなどの点数がボロボロで(苦笑)
    でも、英語は話せた方が絶対いいですよね~
    カンペキじゃなくても、中学校で習うくらいは将来も覚えておきたいですね…

コメントする

ショートカット
閉じる