あなたのGoogle先生を更に賢くするためのコマンド[厳選]

ユスのアイコン画像ユス

こんにちはユスです!

ボブのアイコン画像ボブ

エーェェェェェ!!。ボク、ボブ。

分からないことや疑問に思った時、皆さんはどのようにして調べていますか?

本で調べたり、人に聞いたりすることもできますが、やっぱりほとんどの人はネットで調べますよね。

ネットで調べると言ったら私たちには強い味方がいます。
そう我らが「Google先生」です!

Google先生は私たちとは違って何でも知っていますから、もうこれなしでは生きていけませんね(依存症)

そんなGoogle先生は世界の人気者です。

2020年3月デスクトップ検索エンジンシェア/棒グラフ - Net Applications報告
https://news.mynavi.jp/article/20200403-1008641/より引用

この棒グラフは世界の検索エンジンシェア率を表しているのですが、Google先生が圧倒的存在を見せていますね。

さてGoogle先生がすごいことが分かったのですが、先生はどうやら使う人によって賢い先生やまだまだ修行中の先生がいるらしいです。

その賢さの差は使う人の検索の仕方にあるっぽいので今回はあなたのGoogle先生を一人前にするために役に立つコマンドを紹介していきます。

この記事の内容

  • 便利なコマンド(基礎)
  • 情報系コマンド
  • お遊び系コマンド
ショートカット

便利なコマンド(基礎)

ここでは検索の基礎を見ていきましょう。
マスターすれば検索がとても便利になるので、見ていきましょう!

1. ORコマンド

2つの単語のどちらかを含ませたい時に使える便利なORコマンド。
この場合はアマゾンかウォルマートのどちらかをヒットさせたいので、「Amazon OR Wallmart」と入力すると、どちらかの単語を含むぺージが表示されます。

2. ANDコマンド

一番簡単なやつです。
単語をいくつか同時に表示したい人は使ってみてください。

ANDは打ち込む必要もなく、ただ単語と単語の間にスペースを作るだけで大丈夫です。

ちなみに一度に検索できる単語の限度は32語なので、よほど限定化させたい人でない限りは流石にたどりつかない(笑)

3. -(マイナス)コマンド

アップル社について調べるとしましょう。検索欄にAppleと打ちこんで見てみると、大部分はアップル社についての情報が出てきますが、たまにりんごの方のアップルも出てきます。

そこでりんごのキーワードを除外させたかったら-を使います。

この場合だったら「Apple -りんご」と検索しましょう。

4. ※コマンド

あの俳優の名前なんだっけ~というモヤモヤする気持ちは誰でも経験したことあると思います。

そういう時に使えるのがこの※コマンドです。

例えば、俳優の田中圭の圭が分からなかったとしましょう。

この場合だったら、「田中 ※」と調べれば、ヒットしやすくなります。

ユスのアイコン画像ユス

でも田中って言う名字は日本ではかなり多いから、「※ 圭」で調べた方が出てきやすいかも(笑)

でもこれ実は広い範囲の候補を挙げるので、更に細かくしたい場合は、*を用いるとより検索制度が高まります。
この場合だったら「新宝島」を調べたいけど名前を忘れたので覚えている「新宝」までを検索。

新宝*」こんな感じですね。

5. “”コマンド

“40歳転職”のようなキーワードを検索すると、”42歳転職”のように関連記事が出てきたりします。

これは関連記事を表示するGoogleの構造上仕方のないことなので、代わりに””でキーワードを囲んでそれ以外は出させないようにしましょう。

「”40歳転職”」で検索!

6. relatedコマンド

サイトを運営していて、自分のサイトに類似したサイトを見て勉強したいという方におすすめなコマンドです。

使い方はrelated: のあとにURLを貼って検索するだけ。

難点としてはそこそこ知名度が必要になってこないと、あんまりヒットしないことです。

今のユスブログは当然ヒットしませんね。

ボブのアイコン画像ボブ

ボブがゆうめいにシテあげる

他にも他のサイト同士を比較する時にも使えます。

今回は相棒のkenjyaman君のサイトに類似したサイトを探そうとしましたが、彼も同じく始めたばかりなので現時点では当然ヒットしませんね(笑)

近い将来ヒットすることを目標に頑張ります!

情報系コマンド

次に見ていくのは情報系コマンドです。
スポーツの結果、時刻、天気などサイトに訪れなくても簡単に見られるコマンドなのでササっと見たい時とかに役立ちます。

1. スポーツ

「ヴィッセル神戸」や「阪神タイガーズ」といったスポーツクラブのデータを見たい場合は検索欄にチーム名を入力するだけで、様々なデータの一覧が表示されます。

2. 曲

曲 アーティスト」または「アーティスト 曲」と検索すると、アーティストの曲やアルバムなどの情報が一覧で表示されます。

僕の場合だと、「Perfume 曲」と検索したら出てきました。

ボブのアイコン画像ボブ

ボブ 曲

ユスのアイコン画像ユス

意外とたくさんヒットしたね(笑)
ボブも将来曲作るのかな?

3. カロリー

検索欄にカロリーを入力すれば食品のカロリーが表示されます。

使い方は「タランチュラ カロリー」という風に使います。

4. 株価

アプリとかで株の値動きが見れるので、あんまり検索はしないと思いますが一応。

東芝 株価」のように株価のあとに企業名を入れて検索するとチェックできます。

5. 近くの~

位置情報サービスのおかげで、近くのコンビニなどの情報が一瞬で表示されます。

こちらは今まで通りスペースは開けずに「近くの刑務所」のように検索しましょう。

6. を~で

通貨であったり距離など国によって単位は違うので現地に行ったときなど、少し単位に苦戦します。

そこで万能なのがこのコマンド。

対応している単位は豊富で、「2畳を面積で」のように検索します。

7. カラーピッカー

カラーピッカー」と検索するとこんな感じの画面がでてきます。

これで好みの色を選べば、カラーコード+RGB値が表示されるので、HTML, CSSなどを用いてWeb開発をするときに重宝します。

8. 電卓

電卓」と検索すると電卓が表示されます。

スマホユーザーは電卓アプリが初期搭載されているケースがほとんどだと思うので、需要はそこまでありませんね。

ただパソコンユーザーにとってはありがたい機能です。

9. time

time」のあとに場所を入力するとそこの時刻が分かります。

10. 天気

天気」と検索すれば、位置情報のおかげで天気が表示されます。

天気 コートジボワール」のように地名と組み合わせることも可能です。

11. 航空機

航空会社 フライトナンバー」で調べると、航空機の運航状況が一目で分かります。

このパンデミックの中、いつ欠便が知らされてもおかしくはないのでこのコマンドを覚えておきましょう。

12. rng

rng (romdom number generatorの略)」と入力すると乱数を表示させるコマンドです。

使い方はお任せします(笑)

お遊び系コマンド

ここからはお遊び系のコマンドを紹介していきます。
ゲームだったり、変な表示だったりと中々面白いのでぜひ試してみてください。
※画像はあえて表示しないでおきます。リンクから自分で遊んでみてね!

1. Atari breakout

ブロック崩しですね!マウスを動かすだけで遊べるゲームです。

遊び方は簡単で、「Atari breakout」と調べたあとに、I’m feeling luckyというボタンを押せば遊べます。
https://elgoog.im/breakout/

2. パックマン

子供時代に遊んだことのある方もいるのではないでしょうか?
最近の世代の人たちもリメイクされたパックマンを遊んだことはあると思います。

パックマン」と打つだけで、初代パックマンがプレイできるので是非若かりし頃を思い出しながらプレイしてみてください。
https://www.google.com/logos/2010/pacman10-i.html

3. Solitaire

ソリティアです。
簡単、難しいの2種類のレベルが用意されているので暇つぶしにピッタリ!

案外ハマるかも!?
https://www.google.com/logos/fnbx/solitaire/standalone.html

4. 斜め

斜め」と検索すると….
https://www.google.com/search?q=%E6%96%9C%E3%82%81&rlz=1C1CHBF_jaCA910CA910&oq=%E6%96%9C%E3%82%81&aqs=chrome.0.69i59j0l7.3242j0j7&sourceid=chrome&ie=UTF-8

5. Google sphere

Goole sphere」と検索すると…. sphereは球という意味
https://mrdoob.com/projects/chromeexperiments/google-sphere/

6. Google space

Google space」と検索すると… spaceは宇宙という意味
https://mrdoob.com/projects/chromeexperiments/google-space/

7. Google binary

Google binary」と検索すると… binaryは二進数という意味
https://011001110110111101101111011001110110110001100101.com/

8. Do a barrel roll

Do a barrel roll」と検索すると… rollは回転という意味
https://elgoog.im/doabarrelroll/

9. the sleeping internet

眠るインターネット
https://thesleepinginternet.com/

10. black google

真っ暗?
http://www.blackle.com/

最後に

どうでしたか?
恐らくこれで皆さんのGoogle先生は経験をたくさん積んだので、今以上に賢くなっているはずです。

現代社会では検索する能力が求められるので、この社会で生き抜くためにも検索の能力を向上させましょう。

ユスのアイコン画像ユス

今回は以上です!ありがとうございました。

ボブのアイコン画像ボブ

エーェェェ。ボブってケンサクしたら42,200,000 けんヒットシタ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

ショートカット
閉じる